Home » カプレ

アンドレ・カプレ(もしくはキャプレ、André Caplet, 1878年11月23日 ル・アーヴル – 1925年4月22日 ヌイイ=シュル=セーヌ)は、フランスの作曲家・指揮者。ドビュッシーの友人で、ドビュッシーの『聖セバスティアンの殉教』と『おもちゃ箱』において作曲者のオーケストレーションを大幅に補筆したことで知られている。また、『月の光』『子供の領分』など、ドビュッシーのピアノ曲をオーケストラ用に編曲した。
カプレ自身も作曲家で、その作品は非常に個性的にもかかわらず、悲しいかなほとんどが見過ごされてきた。1910年から1914年までボストン歌劇場の指揮者をつとめた。第一次世界大戦従軍中に毒ガスを吸って神経を冒され、このために胸膜炎を併発して早世した。
ドビュッシーがグレゴリオ聖歌を研究したように、カプレも中世ポリフォニー音楽を研究し、その痕跡は成熟期の作品においていちじるしく認められる。

引用元:アンドレ・カプレ – Wikipedia

第31回 フルートとピアノの夕べ (2013年9月21日)

◎2013年9月21日 第31回≪フルートとピアノの夕べ≫ Fl=細川順三/Pf=中川和子 プログラム モーツァルト 作曲  ロンド ニ長調 ゴーベール 作曲  幻想曲 カプレ 作曲  夢・小さなワルツ ドヴォルザーク  […]